2014年10月10日

軽トラに秋の味覚「マツタケ」ずらり 直売所は即完売

軽トラに秋の味覚「マツタケ」ずらり 直売所は即完売産経新聞10月9日(木)12時20分配信 軽トラックの荷台にずらりと並べられたマツタケ。150本の収穫に笑みがこぼれた=和歌山県田辺市(写真:産経新聞)  秋の味覚、マツタケの収穫がピークを迎え、和歌山県田辺市の地場産品直売所「きてら」には8日、地元産の約60本が入荷した。開店前から約30人が列を作っており、約30分で完売した。 この日は、直売所近くの小谷育生さん(62)ら9人のグループが早朝から山に入り、約1時間半にわたって作業。今年は気温がまだ高く、虫に食べられるなどしたマツタケも多いというが、大小約150本を収穫した。 小谷さんは「今シーズンは3回山に入ったが、収穫量は今のところほぼ平年並み。気温がもう少し低くなり雨が降ってくれれば」と話しながらも、軽トラックの荷台にずらりと並べられたマツタケに満面の笑み。上物約60本を選んで直売所に持ち込んだ。 この日の最高値は230グラムが1万4千円。安い物だと700〜千円と市場の半値程度。遠くは奈良県から開店前に訪れた客もおり、一人で数本ずつ買い求めていた。マツタケは来月上旬まで収穫が期待できるという。【関連記事】 「迷信」に惑わされないで!キノコ狩り常識非常識 新米こんがり、きりたんぽ作り始まる 秋田の老舗料亭 フグの稚魚混入でしらす回収 法律違反も…健康に影響なし 「性別」で味覚の差ってあるの? 酸っぱいモノ、香りの強いモノ… 道頓堀のグリコ看板・綾瀬はるかさん 完成間近のデザインに ペティナイフ1本の芸術 フルーツアートでB級品を特級品に
posted by ipad2caseabc at 03:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする