2016年02月26日

Melissa EDリスクもこれで軽減!? 食べ過ぎても

【melissa】残りわずか特別sale 送料込みChristy 人気のコラボ melissa0062

その論点を検証しつつ、12月11日に開催された三重県主催の『みえジビエ』のイベント内容や『WooRis』の過去記事を参考に、肉の食べ過ぎのリスクと、リスク軽減の一役を買うヘルシーなお肉“ジビエ”についてご紹介します。

 

■“肉の食べ過ぎ”は、EDや動脈硬化の原因にも!?

長生きの老人は“肉”を習慣的に食べているといいますよね? 実際にそれを裏付けるデータもありますが、そうはいっても、やはり食べ過ぎには気をつけたいところ。

とくに注意すべきは、働き盛りの世代で“メタボ”が気になる方。『WooRis』の過去記事「ゲッ…毎日食べさせてる!あなたの夫の“EDがどんどん悪化する”NG食べ物」の中でも、該当する食べ物に“肉類”が紹介されています。

肉類は100g中の脂質が多く、運動不足になるとエネルギー過多で太りやすく、特に脂身は注意したほうがいいそうです。

美味しいからといって、脂身の多い肉ばかりを食べていると、EDだけでなく動脈硬化などのリスクも高まります。病気予防としては、肉類は1日平均80g未満にし、1週間の中で500g未満に調整して食べるといいそうです。

■ヘルシーで美容にもいいお肉“ジビエ”とは?

その一方で、肉類などを全く食べないと、老化を加速させ、病気発症のリスク Melissa が高まるとも。高齢者世代の粗食は、低栄養の危険性が出てくるため注意が必要です。

“食べ過ぎ”も“食べなさ過ぎ”もよくないお肉ですが、そんなことを気にせずに、好きなようにお肉を食べられたらいいですよね。

そんな願いをズバリ叶えるのが、シカ肉などの“ジビエ”なんです!

同イベントによれば、シカ肉は、牛肉や豚肉と比べて低脂肪・低カロリー。牛肉と比較すると、カロリーは1/3、脂質は1/30、鉄分は1.3倍で、ヘルシーかつ高栄養といいます。

これならカロリーを気にせず、健康的に食べられそうですね。たんぱく質も豊富なので、筋肉量アップ! 基礎代謝アップにも効果的な食材です。

また、豚肉と比較すると、脂肪燃焼を高める“カルニチン”は8倍、抗酸化作用のある“アンセリン”は11倍。シカ肉は漢方薬としても重宝されており、体を温める効果もあるとか。男女問わず、うれしい効果がいっぱいです!

ちなみにシカ肉というと、臭みがあり、硬いというイメージのある方もいらっしゃるかもしれません。実際にイベントでシカ肉を試食する機会がありましたが、そのイメージを覆したもので、臭みは全くなく、柔らかくて美味しいお肉でしたよ!

その理由は、“みえジビエ”のシカ肉は高い基準で解体処理されているからとのこと。牛肉や豚肉にも匹敵する美味しさです。 メリッサ コード

健康や美容にいいジビエ肉。インターネットで入手することもできますし、肥満が気になる方はぜひ食べてみてくださいね。

(ライター 大宮つる)

【関連記事】

※ 味も鮮度もダダ下がり!冷凍保存したお肉の「NG解凍法」5つ

※ その鍋、煮込みすぎ注意!栄養士が教える「加熱すると栄養がなくなる野菜」

※ 自宅のゴミから一目瞭然!「夫のEDがどんどん悪化する」家の特徴3つ

【SPONSORED注目記事】

※ オバ肌は夫婦仲にも悪影響!? 間違えがちな美容法2つ

※ ああっそれはダメ!30代が必ず気を付けるべき冬の肌ケア

※ オバ体型は嫌!30歳を過ぎても「代謝をグングン上げる」秘訣

【姉妹サイト】

※ ミランダ・カーがとことん実践!人生が好転する「黄金の80:20ルール」とは

※ 運動も食事制限もなし!アラフォー小雪が出産直後でもキレイなワケ

【参考】

※ 病気のリスクを高める!? ブームになってるけど注意したい「赤肉」の落とし穴 − WooRis

※ みえジビエ − みえフードイノベーション

フットバイエアー 帽子

関連商品:
【melissa】残りわずか特別sale 送料込みChristy 人気のコラボ melissa0062
◆melissa◆在庫処分sale◆珊瑚モチーフ ダブルストラップヒール
posted by ipad2caseabc at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする