2016年04月18日

モンクレール ディフュージョン 「ウィスキーくさい」と酷

モンクレール 入手困難急いで!【Moncler】BARBEL ダウンロング 3色★
製品名:モンクレール 入手困難急いで!【Moncler】BARBEL ダウンロング 3色★
SKU:moncler0683
価格:60500円
製品の説明:

モンクレール レディース商品紹介:

入手困難急いで!【Moncler】BARBEL ダウンロング 3色★ (18377842)


【新作入荷!】
イタリアのモンクレール正規直営店もしくはオンラインストアから直接買い付けして
お届けしますので安心・安全、そしてお得です!

商品名:BARBEL
素材:ナイロン(ポリアミド) 100%
カラー:ブラック、エレクトリックブルー、ダークグリーン

お手入れ:手洗い; 漂白禁止; ; アイロン禁止; 弱い操作により、炭化水素系ドライクリーニングができる; 弱い操作により、 業者によるウェットクリーニングができる; 平干し; 単独で洗ってください; 洗う前に付属品を外す; 製品を裏返して洗濯して、そのままアイロンをかけてください



在庫の状況により入手ができない場合もございますが、その際は
ご連絡させていただきますのでご了承ください。

<<ご注文の前に必ずお読みください!!>>
*ご注文いただいてから買い付け発送まで出来る限り早くするよう心がけていますが、直営店に在庫がなくオンラインでの買い付けになってしまった場合、または他の直営店からお取り寄せになってしまった場合、数日余分にお時間いただくことになりますがご了承ください。その際は個別にご連絡させていただいております。
また海外からの発送となりますので郵便状況によりお届けに時間がかかってしまう場合がありますが追跡ナンバーをお付けしますのでどうぞ心配なさらず配達状況をご確認ください。

商品はギャランティーカード、オリジナルのパッケージでお送りします。
御希望のお客様にはレシートのコピー(金額は伏せております)をお付けしますのでご連絡ください。

商品全てを私本人が実際に直営店に出向いて、または正規オンラインブティックで買い付けをしています。発送前に一品一品検品してからお客様のもとにお届けしていますが、
万一商品に不備がございましたら必ず到着通知をされる前にご連絡ください。

関税が掛かりにくいよう、丁寧でありながらなるべく軽量になる様に梱包しています。
*また万一日本の税関で関税がかかってしまった場合の対応はバイマの規則上お客様のご負担でお願いしております。(税関で荷物が無差別に開けられ検査される場合があり、その際従来のラッピングが破かれてしまう場合がございますがご了承ください。)
関税に関する情報はこちらからどうぞ。
http://www.moncler-buy.com/

早く丁寧な対応、事前の検品等、心地よいお取引ができるよう誠心誠意を尽くしていきますので宜しくお願い致します!
その他何かリクエストがありましたら気軽にお申し付けくださいね!

めぐ

 

お探しの色・サイズがなかったら
同モデルの他アイテムを見る
サイズ感やスタイリングの参考に!
着レポを見る10

※配送方法が複数ある場合はカート内にて変更ができます。

※配送会社の状況等によって、商品到着日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。



人気の検索ワード:
モンクレール MONCLER **Plane** 白 【税関込】 *プレン*
モンクレール MONCLER **Aurone** 【税関込】 黒 *アウローネ*


 長きにわたり、日本のプレミアム・ビールといえば、サッポロビールの「ヱビス」というのがお決まりでした。ビール業界の王者であるアサヒビールやキリンビールからも、さまざまなプレミアム・ビールが投入されてきたものの、まったく歯が立たなかったわけです。

 しかしながら、2003年にサントリーより市場に投入された「ザ・プレミアム・モルツ」(プレモル)は08年にヱビスを抜き去り、プレミアム・ビールの市場でトップに立ちました。

 プレモルの成功要因について、どのようなポイントが浮かんでくるでしょうか。

●素材、製法、生産へのこだわり

 素材に関して、ホップは香り高いビールを実現するために苦みの少ないアロマホップを使用し、香り付けにはファインアロマと呼ばれる最高クラスのホップの中から、さらに厳選を重ねています。また、麦芽は豊かな味わいと爽快な後口のビールに一番適した二条大麦のなかでも、でんぷんを多く含む、粒が大きいものを選択しています。

 製法に関しては、研究開始から約10年もの歳月を費やし、2〜3回に分けてホップを追い足すように投入する「アロマリッチホッピング製法」に辿り着いています。さらに、仕込みの工程においても、通常なら1回しか温度を上げないところを、2回にわたって上げる「ダブルデコクション」を採用し、しっかりと濃厚な麦汁をつくり出すことに成功しています。

 生産に関しても、担当スタッフは「コスト重視で高効率を目指すような時代にありながら、プレモルはまったく反対に手間暇をかけ、その結果として、おいしいビールに仕上げています」と述べています。例えば、缶は外観に傷がつかないように製造ラインのベルトコンベアを通常より遅くし、また、できあがったプレモルは一本一本、容量・外観検査を機械と目視で行った後、箱詰め機に送るという徹底ぶりです。

 こうした取り組みにより、05年度のモンドセレクションのビール部門で日本初の最高金賞を受賞しています。モンドセレクションは優秀品質の国際評価機関としてベルギーの首都ブリュッセルに1961年に設立された団体ですが、出品に対する受賞割合の高さや、豆腐など欧州の食文化とはなんら関係がない食品も審査対象となるなど、個人的にはどれほどの信ぴょう性があるのか疑問ではあるものの、モンドセレクション最高金賞受賞の宣伝効果は大きく、その後、飛躍的に売り上げが向上しています。

●強力なリーダーシップ

 このように、こだわり抜いたプレモルの開発までの道のりを見ていきましょう。

 宣伝や営業力に定評があるサントリーのビール事業が長らく黒字化できなかった理由について、佐治信忠前社長は「消費者にうまいと思ってもらえるものをつくれなかった。サントリーは、それを学ぶのに45年かかった」と語っています。

 サントリーは63年、「キリンラガービール」全盛で苦味をしっかり感じるビールが主流であった市場に、2代目社長である佐治敬三氏が惚れ込んだ軽い味わいのビールで参入しています。市場での主流商品とのあまりの違いに消費者は「味が薄い」と拒否反応を示し、さらには「ウィスキーくさい」という中傷まで出る始末でした。消費者不在の単なるつくり手の自己満足のような商品になっていたわけです。

 その後、86年になって、ようやく麦芽100%でコクのある「モルツ」に転換しています。「それまで、『我々がつくったものは絶対にうまい。それをわからんほうが悪い』という、少し驕ったところがあった。佐治敬三のそうした哲学を社内で打ち壊すことができなかった。それを壊すのは直系である息子の役目」と信忠氏が考え、実行したわけです。

 89年、当時副社長であった信忠氏は武蔵野工場内に通常の20分の1規模のミニブルワリーを建設し、ビールの商品開発と生産チームに「うまいビールをつくれ」という指示を出しました。研究室ではなく量産移行が可能な本格的な施設で、それまで温めていた質の高いビールをつくり、ノウハウを積み重ねろという意味です。また、当時の工場は1回の仕込み量が多く、製造後の販売を考えると個性的なビールを製造するのは難しく、ヨーロッパのように小規模生産可能な施設が必要という事情もありました。

 このようにトップの強力なリーダーシップのもと、ミニブルワリーまで建設して取り組むという大きなプロジェクトが立ち上がりました。リーダーシップに関連して、信忠氏は「新しいことに取り組む時には、必ず反対がある。とにかく前向きに指示を出していく。有無を言わせないリーダーシップをとらないと新しいものは世に出せません。『これがこうなって、これだけの利益を生む』なんていう細かい話よりも、我々が新しいサントリーグループをつくるんだという熱気を社内にたぎらせる。その機関車役ですわ」とコメントしています。こうしたトップの強いリーダーシップのもと、プレモルのプロジェクトは進行していったわけです。ここまで環境を整えられると、担当する技術者たちにも中途半端なものはつくれないという覚悟が生まれるのではないでしょうか。

●お得意のマーケティング

 いい商品さえできれば、広告をはじめとするマーケティングはサントリーのお家芸です。広告にはロック歌手の矢沢永吉を起用し、「最高金賞のビールで最高の週末を。」というテレビCMは多くの方の記憶に残っているのでないでしょうか。

 矢沢永吉の起用については、ロックスターとして長年にわたり第一線で活躍し、華やかな魅力あふれるイメージが最適であるとの判断により決定されました。普段はステージなどオンのイメージの強い矢沢永吉が週末というオフを演じることで、プレモルを楽しむちょっと贅沢な週末を訴求しています。また、矢沢永吉というキャラクターの選択はもちろん“永ちゃん”という意味合いが通じる年代、30代後半から上の層を意識してのことです。この層が当初の主たる消費者であったことに加え、飲食店への営業においても同年齢層と重なる場合が多い店主や料理長からも「矢沢永吉のCMでしょ」と好意的に受け入れられています。

 また、プレミアムカテゴリーは衝動買いが少ない代わりに、飲まれるようになれば定常化するチャンスがある商品であり、店頭フェイスを広げることが重視されました。そのために、小売店に対して、ヱビスなど他社商品を含む、プレミアム・ビール・コーナーの設置を提案し、その真ん中にはプレモルを大きく置いてもらうという営業が行われています。

●大胆な投資:全社的覚悟

 プレモルのマーケティングには、大きな資金が投入されています。担当スタッフは次のように語っています。

「ビール類の予算の大半はプレモルに、ダイナミックに投入しました。同質的な競争をしていては、絶対トップメーカーには勝てないという意識がありました。ヱビスビールが20年間でやったところを2〜3年で達成するためには、大きなマーケティングコストも必然だったと思っています。ある意味では、オーナーシップの会社だからできた意思決定だともいえますが、その投入コストに対するリスクは全社員が背負うんだという自覚も生まれてきました。それだけの商品としてみんなが一緒にプレモルを育てようという意識を持てたのが、インナーの要素として大きいかもしれません」

 プレモルの成功に関して、もちろん商品の味やインパクトのある広告などは消費者の購買行動に大きな影響を与えていることでしょう。しかしながら、これらは単に各部署や担当者のセンスが良かったというレベルではなく、強いリーダーシップに全社員が鼓舞され、組織的な強い力が創造された結果であると捉えるべきでしょう。
(文=大崎孝徳/名城大学経営学部教授)

posted by ipad2caseabc at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする