2016年10月25日

モンクレール 米大統領選 当選確率はクリントン氏86%、

【ワシントン=青木伸行】2012年の米大統領選の結果を正確に予測した、「天才統計学者」と呼ばれる米国人がいる。ネイト・シルバー氏(38)。今回の大統領選では、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官が勝利する確率を86.2%、共和党候補のドナルド・トランプ氏を13.8%とはじいている。シルバー氏の現時点での統計学上の予測では、トランプ氏は「絶体絶命」か?

 本名はナサニエル・リード・シルバー。1978年1月、ミシガン州に生まれ、シカゴ大学経済学部を卒業後、英国のロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ。

 熱狂的な野球ファン。それが講じ24歳のときに、米大リーグの選手の成績を予想する「PECOTA」と呼ばれるプログラムを開発した。第二次大戦後の大リーグの全シーズンの記録をはじめとする膨大なデータベースに、選手の実績などを加味して将来の成績を予想するというものだった。

 2008年に統計分析サイト「ファイブサーティエイト(538)」を立ち上げ、本格的に選挙の予測を始める。「538」は、大統領選の勝敗を決する選挙人の数から名付けた。

 同サイトは一時、米紙ニューヨーク・タイムズの傘下に入り、今はスポーツ専門チャンネルESPNが運営する。自身は編集長で、記事も執筆しジャーナリストとしての顔を併せもつ。

 統計手法の全容は明らかではないが、過去の選挙結果や有権者の動向、人口統計、各種世論調査などさまざまな大量のデータを組み合わせているという。

 それを駆使して08年、大統領選で50州のうち49州での勝者、上院選では35人の勝者全員を的中させた。12年の大統領選では、50州とコロンビア特別区の勝者を正確に予測した。「政治予言者」との異名を取るゆえんでもある。09年には米タイム誌の「世界で最も影響力がある100人」の一人に選ばれている。

 23日現在の予測では、選挙人獲得数と当選確率をクリントン氏340人、86.2%、トランプ氏196人、13.8%と予測している。第1回テレビ討論会が開かれた9月26日の時点で、当選確率はクリントン氏が54.8%、トランプ氏は45.2%と、かなり接近していた。しかし、この日を境にクリントン氏の当選確率は急上昇し、トランプ氏は急激に下降。第3回の討論会の結果と、トランプ氏の女性スキャンダルが相次いで発覚したことが要因だ。

 激戦州のフロリダ、ノースカロライナ、オハイオ、アイオワ州などや、共和党の牙城であるアリゾナ州でもクリントン氏がリードしている。

 12年の大統領選当日の最終予測では、オバマ大統領の再選確率を90.9%とし、共和党のミット・ロムニー氏がわずかに優勢とした一部世論調査と好対照を成した。今回も予測は日々更新されており、11月8日の投票日の最終予測が注目される。

スッキリ素敵なライン☆16/17秋冬 モンクレール FLAMMETTE Black (22238391)

2016/17年秋冬用として発売されたモンクレール FLAMMETTEをご紹介します。
シンプルなラインが素敵なコートです☆
小さいサイズは直に完売になります。
お早めにどうぞ☆
ネイビーはこちらで出品しています? http://www.moncler.ren/



人気の検索ワード:
モンクレール レディース ,モンクレール アウター ,モンクレール ダウンジャケット

関連商品:
モンクレール ダウン レディース

posted by ipad2caseabc at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする