2016年04月21日

ルブタン インスタ 元オウム信者・菊池直子&平田信モチー

【Christian Louboutin】 Panettone コインケース Espadon
製品名:【Christian Louboutin】 Panettone コインケース Espadon
SKU:christianlouboutin0530
価格:26400円
製品の説明:クリスチャン ルブタン コインケース・小銭入れ商品紹介:

【Christian Louboutin】 Panettone コインケース Espadon  (19321386)

■商品名
【Christian Louboutin】 Panettone コインケース Espadon

■ブランド説明
1992年にパリ出身のデザイナーChristian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)が自身の名を冠して立ち上げたブランド。
そのフェミニンなシューズは多くの女性の心を掴み、創立からわずか20年の間に世界中のセレブリティやファッショニスタを虜にしました。

■当店でのお取引について

☆即納品について
 即納品は、当店に在庫がございますため、お客様からのご入金確認後
 1〜3営業日でにお客様へ向け出荷を致します。
 (定休日は当店カレンダーによります)

☆お取り寄せ品について
 即納品以外の商品(お取り寄せ品)は、仕入先より当店に商品を入荷させ、
 検品を行った後、国内から発送しています。このため、お客様には海外からの
 問い合わせや、関税請求などは、一切発生しません。また、国内発送料は
 (一部地域、離島を除く)当店負担ですので、お客様の負担はございません。
 *検品に若干の時間を頂く場合がございます
 
☆仕入先について
 当店は、公式ショップや正規取扱店、有名デパート等を中心に仕入れております。
 また、OUTLET品は公式品の長期在庫等を購入している先への手配も行っています。

☆納期について
 お客様へ商品発送までの納期はおおよそ以下の通りです。
 お取り寄せ品はあくまで目安となります。商品により若干のズレが生じます。
  @即納品    :ご入金確認後から1〜3営業日
  Aお取り寄せ品:ご入金確認から7〜20営業日

☆在庫問い合わせについて
 お取り寄せ品は、仕入先の販売状況により商品在庫が確保できない場合が
 あります。ご興味のある商品については、お早めの在庫確認をお勧めします。

☆キャンセル・返品について
 基本的にお客様都合でのキャンセル、返品には応じておりません。

☆その他詳細
 当店の規定に関しましては「バイヤーからのお知らせ」を確認頂き、同意を持って
 購入頂くようお願い致します。


※配送方法が複数ある場合はカート内にて変更ができます。

※配送会社の状況等によって、商品到着日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。



人気の検索ワード:
クリスチャン ルブタン コピー
在庫品 即納 ルブタン panettone 16SS ジップ ガンメタ 長財布

 宗教団体オウム真理教の元信者をモチーフとした映画『愛のゆくえ(仮)』(2012)と『潜伏 SENPUKU』(2013)の上映会が8日、渋谷のユーロライブで行われた。上映後には、それぞれの作品で主演を務めた女優の土屋貴子と前川麻子、そして作家の雨宮処凛がオウム真理教について語りあった。

 この日上映されたのは、17年間にわたって逃亡生活を続けていたオウム真理教、元幹部の平田信氏と、彼と生活を共にしていた女性を題材に描いた『愛のゆくえ(仮)』。そして、同教団元信者で逃亡生活を続ける菊池直子氏と、彼女をかくまい続けた同居男性をモチーフにしたラブストーリー『潜伏 SENPUKU』の2作品。くしくも先月27日、東京都庁小包爆弾事件で殺人未遂ほう助罪に問われていた菊池被告が、東京高等裁判所から逆転無罪の判決を言い渡されたことが話題となったばかりのタイミングでの上映となった。

 『潜伏 SENPUKU』で菊池被告をイメージした主人公を演じた土屋は「(菊池被告が)無罪判決を受けたときに、わたしのところにおめでとうメールがたくさん来た」と苦笑い。「役作りにおいて監督は、何も調べなくていいよとおっしゃったので、何も調べなかった。だから正直言ってオウムのことはよく分からない。ただ役者として彼女がどういう精神状態だったのかを考えただけでした」と付け加えた。一方の前川は、今回の企画について「最初はエグい企画だなと思って。どんなお客さんが来るんだろうとドキドキしていました」と切り出して観客を沸かせた。

 今回の上映会にあたり、元オウム真理教のスポークスマンであり、現在は同教団から分派した団体であるひかりの輪の代表を務める上祐史浩氏からもメッセージが寄せられた。そこには「菊池元信者の無罪判決は、上の指示に無思考に従う当時の教団の信者のあり方から見れば、合理的なものだと思います。しかし、無罪にもかかわらず逃亡した背景には、えん罪を極度に恐れる当時の教祖と信者の被害妄想的な傾向があると思われ、その意味で、本来は不必要にもかかわらず、17年もの間、逃亡したことが非常に残念に思います」と書いてあり、さらには被害者および捜査機関への謝罪の言葉、およびひかりの輪として被害者賠償契約を履行していく意志なども書き連ねてあった。その言葉に前川は、「本当に真摯(しんし)な気持ちでメッセージを書いてくださった」と述べていた。(取材・文:壬生智裕)

posted by ipad2caseabc at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: