2021年05月11日

バレンシアガ tシャツ 偽 「奄美?沖縄」世界遺産へ 登録勧告に“喜びの舞”

バレンシアガ tシャツ バイマ

FNNプライムオンライン

ユネスコの諮問機関、IUCN(国際自然保護連合)は、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」について、世界自然遺産への登録が適当であると勧告した。

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」は、鹿児島県と沖縄県の4つの島々で構成され、IUCNは、アマミノクロウサギやイリオモテヤマネコなど、希少種や固有種を含む多くの種が生息しているとして世界自然遺産への登録が適当とした。
7月16日から開催される世界遺産委員会で、正式に登録される可能性が極めて高くなった。

2018年に「登録延期」勧告を受け、対象地域や推薦基準を見直し、2度目の挑戦だった。

世界自然遺産の登録勧告の知らせは、地元?沖縄と鹿児島にも届き、喜びに包まれた。

沖縄?国頭村では、環境省からの電話を受けた知花靖村長が、「本当にありがとうございました」と拍手で応えた。
知花村長「大変喜ばしいこと。待ち続けている村民にいい知らせができ、村民みんなで盛り上げていこうかなと思う」

知花村長と職員らは、バンザイ三唱と沖縄伝統の舞で喜びを表した。

鹿児島?奄美市 朝山毅市長「暗いニュースの多い中で、明るい、夢のある朗報をいただいた」

また、鹿児島?奄美市の朝山毅市長は、今後も「登録が成就するよう、一生懸命努力したい」と話している。

posted by ipad2caseabc at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: